グループホーム

2002年10月、「住みなれた地域で暮らしたい」「自立した生活を送りたい」「自分の人生は自分で決める」というあたりまえの願いを実現する場として、ひまわりの家にグループホームが誕生しました。

2017年1月現在、ひまわりのケアホームは9ヵ所あります。
三宅町 5ヶ所(つばめ・つくし・むぎばたけ・きらり・れんげ)。
田原本町 2ヶ所(ガッツの家・さくら)。
橿原市 2ヶ所(とき・こまどり)
男性ケアホーム:7ヶ所 女性ケアホーム:3ヶ所 です。
ひまわりの家グループホーム ガッツの家ひまわりの家グループホーム ガッツの家メンバー
ひまわりの家のグループホーム第1号、田原本にある男性のホーム
「ガッツの家」です。

ひまわりの家グループホームひまわりの家グループホームひまわりの家グループホームひまわりの家 グループホーム きらりひまわりの家 グループホーム ガッツ

みんなで協力して、食事を作ります。
「なにが出来るかな?」



ひまわりの家グループホームひまわりの家グループホームひまわりの家グループホーム夏のキャンプ

夏の恒例。
合同キャンプ!!

県営住宅を借りてグループホーム奈良 ひまわりの家 グループホームのドア
橿原の県営住宅の2部屋を借りて、ケアホームにしています。

ひまわりの家グループホームひまわりの家グループホームひまわり グループホーム 利用者ひまわりの家グループホームの生活
ひまわりの家グループホームの生活ひまわりの家グループホームの生活image019ひまわりの家グループホームひまわりグループホームメンバーひまわりグループホーム活動ひまわりのケアホームひまわりの家グループホーム

「グループホームってどんなところ?」
『楽しい!』
『しんどいことがあったら相談できる。』
『施設はしんどかった。グループホームに来てよかった。』

ひまわりのケアホームでは、重度の人・軽度の人は関係なく、一緒に助け合って生活しています。
日中の過ごし方は、ひまわりの家に通う人、別の地域の作業所に通う人、一般就労をしている人、様々です。

「一人暮らしは不安だな」「なるべく自立して暮らしたい」「親が高齢だから…」など、様々な事情や想いを抱えた人がいますが、どんな生活がしたいかを一緒に考えたり、自分のやりたいことを見つけて、「チャレンジしたい!」と、自信が持てるように練習する、暮らしの場です。

同じホームに泊まるメンバーさん同士では、時に意見がくいちがい、ぶつかることもあります。そんな時は、納得するまで話し合います。メンバーさんだけで話し合いが難しい場合は、支援者もお手伝いします。
外出や旅行など、お楽しみの計画を立てるときも、みんなで意見を出して、話し合いをします。
そんな経験が、お互いの気持ちを支え合うことや、仲間意識がもてるようになることに、つながっています。

年に何度か、ケアホーム合同で、キャンプや、ボーリング大会もしています。
普段は他のホームの人とあまり話す機会がないメンバーさんも、あらたなつながりが出来ています。