工房 七彩屋(こうぼう なないろや)

「お客様が商品を手にとられた時に、喜びの笑顔になっていただけたら…。」そんな思いで、質を高め、長く愛用していただける物作りに励んでいます。
普段は、内職とさをりを中心に取り組んでいます。
内職はひまわり本館2階、さをりは新しくあざさ苑の前に建てた新館の1階で作業をしています。
その他の作業は、月1~2回、物品販売は夏と冬限定の仕事です。

三宅町や広陵町の地域の会社から、内職の仕事を受けています。スポンジなどの袋入れやプラスチック製品の組み立てなどが中心です。製品を使われるお客様の事を思い浮かべながら、丁寧な仕事を目指しています。

従来の織りの形にとらわれず、思いを織り込んでいきます。小物からぬいぐるみ、マフラーや服に至るまで、製品もいろいろな種類があります。お好みの色でお仕立てします。

「心と体が幸せになれるもの」を追及すると、自然の染料にたどり着きました。藍・桜・茜・玉葱・柿渋などを使って染め上げます。コースターやランチョンマット、服などが人気です。

大きな土のかたまりを、「手」という道具を使って形にします。自分たちが作ったコップや皿、箸置きがお客様の食卓を彩れたら…と思いながら焼き上げています。

untitled

牛乳パックを使ってのリサイクル和紙作りです。ハガキやしおりが中心です。色つきの紙を混ぜて、淡い色の紙もすくことができます。

年に2回、夏と冬に地域の学校や会社などを中心にカタログをお届けしています。FAXにて注文を受け、後日お届けに行きます。地域のお客様と直接お会いすることができるので、とても楽しみにしています。お客様の顔を見ると、みんなとても元気になります。